南越後観光バス株式会社

平成29年度 運輸安全マネジメントの取り組み
1.運輸の安全に関する基本的な理念
われわれの使命は人命輸送という重責を担っており、「輸送の安全の確保」が何よりも優先する。

そのことが企業存立の根幹であるということを全社員が深く理解し認識することである。

また、公共交通事業者の社会的使命である輸送の安全の確保は、関係法令・規則等の順守徹底にあり、
その構築が、安全で安心な社会の繁栄への貢献につながるものと確信する。
 
2.輸送の安全に関する方針
 (1)安全はすべてに優先する。
 (2)安全確保のため法令・規則を順守する。
 (3)安全確保は安全・安心な社会の繁栄に貢献する。
 (4)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)
   を実行し、絶えず輸送の安全性の向上に努める。
 
3.輸送安全目標
 (1) 自責重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定する事故) ・・・ 0件
 (2) 自責・他責事故 ・・・ 前年比15%削減 ・・・・・ 31件
 (3) 苦情クレーム  ・・・ 前年比50%削減 ・・・・・ 26件
 
4.輸送の安全の確保と快適な輸送サービスの提供に関する計画
 (1) 事故防止への取組計画
   @事故対策委員会の設置
   Aヒヤリハットの活用
   B運行管理の徹底
     (アルコールチェッカーの活用・点呼の励行・運行前点検の徹底
   C健康管理対策
    年2回の健康診断の実施と追跡調査指導
    メンタルヘルス対策
   D運転適性検査の活用
   E貸切車についてデジタルタコグラフによる運行チェック
   F運転士教育の実施と指導
   G運行管理・運輸安全マネジメントの資格取得の推進
 (2) 交通安全への取組計画
    「全国交通安全運動」「交通事故防止運動」「模範運転推進運動」「年末年始の
   輸送に関する安全総点検」等の運動を通じ、公共交通機関としての地域交通
    安全のリーダーとしての役割の一端を担う。
 (3) 接遇とサービスの向上をめざし快適な輸送を実現するよう努力する。
    「真心を込めて接します」をモットーに輸送の安全の確保を図るとともにサービスの
    向上を目指す。
    ヒューマンエラー・車両事故等による運行不適合をなくし輸送環境の快適性を確保
    し安全安心な輸送を心がける。
 (4) 事故災害等に関する連絡体制 
    重大事故発生時報告等は連絡網を確立し速やかに対応する。
5.安全統括管理者
   井ノ川 一郎 (社内役職 常務取締役)
6.輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容
  運輸安全マネジメントの実施状況を確認するため、輸送の安全に関する
  内部監査を年1回実施しています。
  内部監査において発見された指摘事項については、継続的改善を図り
  ます。
                       南越後観光バス 株式会社
                       代表取締役 丸山 高明